FC2ブログ

Photo Gallery

土曜日(7/25)の夜11時半すぎ頃、おかんのホームから電話がありました。

  最近寝るのが早くて、9時半には寝ます。
  なので、11時半といえば、思いっきり熟睡中で電話に気づかず、
  あとでスマホを見たら、
  30分くらい前から何度も電話してくれてはりました;;;

これは、ただ事ではない! 
救急車で病院に運ばれたのだろうか? と思ったら、
「10時半ごろ見回りに行ったとき、
お母さん、息をされていませんでした・・・」 と・・・

えええぇぇぇ~~~~;;;;;(+o+)

すぐに着替えて、顔も洗わず、コンタクトレンズもはめず(めがねで)
ホームに駆け付けました。
  こういうとき、家から近いのはいい。

おかんは、ベッドの上で、普通に寝てるみたいに息をひきとってました。

9時半頃も、紙パンツのパッドを取り替えに来たということですが、
そのときは特に異常がなかったようです。
なので、10時半までの1時間の間のどこかで、急に亡くなったようです。

私が到着したすぐ後に主治医の先生が来られて、
死亡の確認をされました。
ずっと心臓が悪かったので、死因はおそらく心不全だろうと。
苦しかったら、首を掻いたりした痕が残ることもあるけど、
そういうのもないので、さほど苦しまずに亡くなったんじゃないかと
いうことです。
確かに、寝顔も寝姿も、あまり苦しんだ様子はありませんでした。
ピンピンコロリというほどではありませんが、
長患いすることもなく、すんなり逝けて良かったと思います。

たまたまですが、その日の夕方、おかんに面会に行ってました。
特に具合が悪そうでもなかったので、まさかこんな急にとは・・・
ある程度は覚悟していましたが、もう一回入院するかな、
そしたらそれが最後になるかな・・・なんて勝手に思ってました。

さて、亡くなったら、そのあとが大変です。
まず、葬儀屋さんの手配。
葬儀に呼ぶ親戚は誰もいなくて、親族はだんなと私だけなので、
最近テレビでも宣伝してはる「小さなお葬式」というのが
いいかな・・・と前から考えてました。

早速スマホで探して、電話しました。
その中でも一番シンプルなプラン「小さなお別れ葬」を頼みました。
お通夜もお葬式もすっ飛ばして、いきなり斎場でお別れという流れのプランです。
亡くなってから24時間は、安置しはりますが、そこで付き添うことはできません。

2時間後くらいに寝台車が来るということでした。
その間、おかんの部屋で、だんなと一緒に
おかんに最後のお別れをしました。
安置中は付き添うこともできないし、お通夜もお葬式もないので、
この時間が、その代わりです。
誰に気遣うこともなく、ゆっくりお別れできました。

3時ごろ家に帰って、布団に入ったけど、全然眠れませんでした。

翌日(つまり昨日)は、主治医の病院まで死亡診断書を取りに行って、
その足で区役所まで行って死亡診断書と死亡届を出して、
埋葬許可書をもらってきました。

家に帰ったら、葬儀屋さんから電話があり、
火葬は月曜日の10時からなので、埋葬許可書を持って、
10時までに来てくださいということでした。

その日の午後は、ホームのおかんの部屋の片づけに行きました。
ホームの人は、すぐに片づけなくてもいいですよ
と言ってくれたのですが、
何かして気を紛らわしていたい気持ちだったし、
持ち物もそれほど多くないからすぐ終わるだろうと思い
行ってきました。

おかんの部屋まではコロナで入れなかったので、
入ったのは入居したとき以来です。

↓おかんの持ち物はこれだけです。

服やタオル、紙パンツの残りなど要らないものや
ホームで使ってもらえるものは全部置いてきました。
左の布バッグが、持って帰ってきた分です。

おかんの持ち物をひとつひとつ見てたら、
いっぱい思い出がよみがえってきました。
粘着性のある黒い綿棒(耳垢とり)を見つけて、
おかんのでっかい耳垢をとってあげたなぁ・・・
とか。

↓今月になって買ったばかりの車椅子も

ホームで使ってもらおうと、置いてきました。
まだ半月ほどしか使ってなかったけど。。。。
まぁでも、高いの買わなくてよかった(^^;)

そして、今日(月曜日)は朝から斎場へ。山科にあります。
交通の便は全くよくないので、タクシーで行きました。

京都中央斎場という、京都市がやってる斎場です。
なので、京都市民なら火葬代は2万円ですが、
市民じゃない場合は、10万円だそうです。
えらい違い!

斎場は、朝は空いてます。
通常は、お葬式のあと斎場に行くので、
午後の方が混むと思います。
火葬は、一番乗りでした! 
   喜ぶことか?(^^ゞ

小さなお葬式のホームページには、
オプションでお坊さんを呼ぶこともできる(6万円)
とありましたが、6万円は高すぎる!
それに、知らないお坊さんにお経をあげてもらっても有難味ないから、
だんなにお経をあげてもらおうと思ってました。
  だんなは趣味でお経を唱えてました(どんな趣味や?)

でも、行ってみたら、その斎場に専属でいるお坊さんが
火葬の前にお経をあげてくれはりました。
なんだ、お坊さんいてはるんや。。。
ホームページにその事が何も書いてないのは、
オプションのお坊さんを頼むように仕向けるためやな・・・と
裏読みしすぎ?

おかんのお棺(ダジャレ?)には、おとんと写っている写真を入れました。
認知症で、おとんのことを忘れて、おとんの所へ行けないとあかんので・・・

ところで、小さなお別れ葬の金額は、136,400円でした。
現金かクレジットカードで支払えるということなので、
クレジットカードで支払いました。
カードの機械はどうしはるんやろ? と思ってたら、
なんと、ある番号に電話をかけて、
そこでカード番号や金額をプッシュして、支払い完了。
こんなシステム初めてです。
なんちゃらペイならもっと簡単だと思いますが、
それもそのうち導入しはるでしょう。

火葬を待っている間、(これが結構長い。1時間半くらい待ちました)
待合室で待つのですが、
↓待合室はこんなフードコートになってました。


20年以上前のお義父さんのときは、
こんなのありませんでした。

でも、お昼には早いし、何も食べなかったけど・・・



することがないので、メニューの写真を撮ってました。


↑塩あげパン300円が美味しそうや。

他に食べに行くところもないし、
長いこと待たないといけないし、
特に子供などいたら、絶対ここで何か注文するやろな~
ここ、儲かってるわ~
事実、待ってる間に、どんどん人が増えてきて、
みんな飲み物(食事にはちょっと早い)を注文してはりました。

それより、ここ、こんなに人が増えて、
若い人も子供もお年寄りもいるし、
午後になったら、もっと密になって危ないちゃうん? と心配しました。

あ、話がそれました。
話をおかんに戻します。

おかんの介護が本格的に始まったのが、
昨年の7月。
自立型老人ホームにいたので、介護はしてもらえず、
最初の3週間は毎日ホームに通って介護しました。

その後デイに行くようになり、
デイの日以外は、デイの用意、掃除、洗濯、
通院の付き添いなどのため、週3日通いました。
大変だったのは、医者さん通い。
内科、整形外科、歯医者。
日替わりで通ってました。
入院したこともありました。

今年の2月までそれが続き、
その間に、おかんの認知症はどんどん進行しました。

まず、本を読まなくなり、テレビを見なくなり、
音楽を聴かなくなり(CDプレーヤーがありました)、
昼夜逆転現象が始まりました。
服もまともに着替えられず(パジャマの上に服を着る)、
記憶力も、どんどん落ちてました。

限界を感じたので、3月初めに、介護付きホームに転居しました。
   そこにいる間も、また入院しました。
その3ヵ月後の5月終わりには、そこからグループホームに転居。
6月終わりくらいから自分で歩けなくなり、
一か月後に亡くなりました。

その時その時は長く感じてましたが、
過ぎてみると、あっという間でした。

介護してたときは、大変に思ってたけど、
あの時間があって良かったな・・・と今は思います。
イライラして怒ったり、きついことを言ったりして、
悪いことをしたなと思うけど、
介護付き施設に入ってからは、心の余裕ができて、
優しく接してあげられたので、
それらは全部帳消し( ̄ー ̄)
・・・でええやんね? おかん。


ず~っと雨なので、どこも行かず、STAY HOME してます。

7月からおかんのホームで、面会ができるようになりました。
すでに2回行ってきました。

おかんの部屋(3階)に入ることはできず、
入口のすぐそばにある小さな応接室で会います。

6月は、LINEで面会してましたが、
やっぱり直接会うのは違いますね。
おかんも喜んでいました。

でも、おかんは記憶がないので、
特に話すこともなく、同じ話の繰り返し(^^;)

そして、5分も話していると、
おかんはウトウトと眠りだします。
高齢者に見られる傾眠傾向ってやつのようです。
原因は色々あるようですが、おかんの場合は、
認知症が原因だと思います。
昨年の終わりごろから、昼と夜がわからなくなってましたから。

特に話すことがないので、
おかんの記憶力は、どの程度か調べようと、
誰のことを覚えているか聞いてみました。

息子(つまり私の兄)のことは覚えていましたが、
嫁さんと孫のことは全く記憶にないようです。
でも、ペー(私が飼ってた猫)のことは覚えていたので
ちょっとびっくり。

それから、父(つまりおかんの夫、14年前に亡くなった)
のことを聞いてみたら、
「うん!覚えてるで」と自信を持って言ったので、
ほっとしたら、
「元気にしてはる?」だって・・・・
椅子から転げ落ちそうになりました(^Θ^;)A
ボケるにもほどがある(笑)

おかんがまだ自立型の老人ホームにいて、
私が世話をしに通っていた昨年夏から今年の春にかけては、
おかんが何度も何度も同じことを言ったり、
ボケたことを言ったりすると、妙にむかついたものです。
でも今は、介護付きのホームに移って、
私は世話をする必要がなくなり、心の余裕ができたのか、
おかんが同じことを何度も言っても腹が立たないし、
父について「元気にしてはる?」なんてボケたことを言っても
思わず笑ってしまうくらいどすぅ~

でもね、全然世話をしてないことへの罪悪感というのは
少しあります。でも、割り切ろうと思ってます。

おかんの認知症は、そんな感じで、
じわじわと進行してるみたいです。

そして、大きく変わったのは、
ついに歩けなくなってしまったこと。
なにしろ90歳ですから、筋力が弱ってきたのでしょう。

ホームの人から、「車椅子が必要です。」
と言われました。

普通、そういった介護用品は、
介護保険でレンタルすることができますが(1~3割負担)、
おかんの場合、有料グループホームに入っていて、
そこの介護サービスを介護保険を全部使って受けているので、
車椅子のレンタルには使えません。
つまり、自分で買わないといけません。

車椅子っていくらくらいするもんなの?
・・・とネットで調べたら、安いものなら2万円以内で買えます。
まぁ、それくらいなら仕方ないか・・・と思ってました。

が!
おかんに面会に行ったとき、ホームの人が、
「こういう機能のものが必要です」と、
別の入居者が使っている車椅子を持ってきて
説明してくれはりました↓

普通の車椅子と違うのは、
(写真ではわかりませんが)
肘置きがはねあがり、足置きがしまえるもの。
つまり、乗り降りしやすいようにできるもの
ということでした。
ベッドやトイレに移動するのが大変なようです。

そして、カタログを見せてくれはって、
「これ(上の写真と同じもの)は、11万円ですが、
そこから値引きして、7万円になります」・・・と。
ずいぶん安くなるでしょう?・・・と言いたかったのかも
しれませんが、7万円、高すぎ!!!

私が
「それは高すぎるのでネットで買います。」
と言うと、
「いやいや、これだけの機能がついているんだから、
それくらいはしますよ。そんなに安く売ってませんよ。
どうしてこれを買わないですか?ケチですね。」
とは、言うてはりませんが、
そんな目で私を見てはりました。

そんな白い目にも屈せず、ともかく自分で買うと伝え、
買う前に、これで良いかどうか
リンクを送って確認してもらうことにしました。

探せばあるもんです。
肘置きがはねあがり、足置きが外側に降りたためる
車椅子がありました↓


しかも、29,700円!
7万円の半額以下です。楽天さんどす。

同じ機能でもう少し安いものもありましたが、
レビュー(感想)があまり良くなかったので、こちらにしました。

リンクを送って、ダメ出しされたらどうしよう・・・と
思ってましたが、あっさりOKでした。

そして、あとでホームの人が言うには、
「あんなに安いのあるんですね~、びっくりしました。」
ですって。
ネットで買い物したことないのかしらん?

私は、心の中でどや顔です(笑)

今年の3月に、おかんは、自立型有料老人ホームから、
介護付き有料老人ホームに転居しました。→こちら

なのに、また今日引っ越しました。

次は、グループホームという、認知症の人専門の介護施設です。

↓これが引っ越し先のグループホームです。
前のホームより、近くなりました。うちから歩いて7~8分です。

同じ会社が経営する老人ホームなので、
引っ越しは、ホームの人がほとんどやってくれました。
私は、引っ越し先のホームで、持ってきてくれはった荷物を
整理しただけです。
要らないものや、冬物の服など(部屋が狭いので置いておけない)は
持って帰りました。

部屋の写真を撮るのを忘れてました(>o<)
前のホームの半分くらいの広さです。
トイレも洗面台もなく、ベッドがあるだけです。

どうして、こちらに移ったかというと、
前のホームのケアマネさんが、おかんの様子を見てて、
より手厚い介護が受けられるグループホームの方が
おかんに合ってるんじゃないかと提案してくれはったからです。

おかんは、一人で部屋にいると寂しいので、
食堂にいたいと思い、1階の食堂に行くのですが、
  (食堂にはスタッフの人も入居者の人も集まっている)
食堂で椅子に座っているとしんどくなるので、
横になりたいと思って、また部屋に戻ります。
(スタッフが連れて行ってくれます。部屋は4階。)
しばらくすると、また寂しくなって、
食堂に行こうしますが、
4階にはスタッフの人が常駐してないので、
一人で歩こうとします。すると、転ぶ危険があります。
実際今までに2回転んだそうです。

転んで足でも骨折したら、もう寝たきりになってしまいます;;;

グループホームだと、
9人の入居者を 同じフロアで3人のスタッフがみてくれます。
部屋から食堂までもすぐそこで、目が行き届きます。

全体的に、こじんまりした施設です。
2階から4階が入居者施設で、
1階は通ってきてはる人用です。
いわゆる、デイサービスです。
でも、これも認知症の人専用です。

今日、おかんが車で新しいホームにやって来たとき、
私はそこで待ってました。
そして、おかんが車から降りてきたとき、
声をかけると、おかんは私のことがわからなかったのです;;;
一週間前に、前のホームで窓越しに面会したばかりなのに~
ついに来たか~~~(ToT)と、思いました。
でも、マスクをしてたせいもあったのか、
部屋に入ってマスクをはずして
しばらくしゃべっていたら、思い出してくれました。

おかんと窓越しでなく、直接会っていたのは、
おかんが入院してて、まだコロナで面会できなくなる前の
4月の上旬です。
その頃と比べると、さらに弱ったなぁ・・・・と
思いました。

そして、1年前の今頃は、まだ介護の必要もなく、
一人で洗濯もできて、杖だけで散歩に出歩いたりしてたのに、
この変わりよう・・・
すごい勢いで衰えています。
人にもよるんでしょうが、こんな勢いで衰えると、
もうそんなに長くないんじゃないかと、思えてきます。

緊急事態宣言は解除されましたが、
まだこういうホームでは面会できません。
今日は引っ越しということで、特別に中に入れました。
このホームは、大きな窓がないので、
前のホームのように、窓越しに面会というのができません。
その代わり、ネットのビデオ面会ができます。
LINEです。
ネットがある時代でよかった。
でも、早く直接面会できるようになってほしいです。


おかんが、昨日やっと退院しました。

一昨日、主治医から電話があって、症状などの説明を受けました。
体に溜まっていた水は、ほぼ抜けて、入院時の体重から6kg減ったそうです。
つまり、水が6kgも溜ってたってことです。
2リットルのペットボトル3本分どすぅ~
体、重たかったやろなぁ~

でも、胸にはまだ水が溜まっているらしい。
これは、これ以上は抜けないってことどす。
でも、酸素はちゃんと吸えてるし、
 (胸に水が溜ると、息苦しくなるそうです)
他に悪い要素もないので、とりあえず退院となりました。

長いこと寝てばっかりで、歩けなくなってるんちゃうかと
心配してましたが、
退院の前にはリハビリもやってくれてはったようです。
何も聞いてなかったけど、請求書の明細に書いてました。

午後3時に退院ということだったので、
15分くらい前に病院に行って、お金を払ったり、薬をもらったりして
おかんが病室から1階のロビーに下りてくるのを待ってました。
普通なら、病室まで行って荷物をまとめたりするのですが、
コロナの件で病室には入れないので、
看護師さんが持ってきてくれはりました。

退院の電話がかかってくる前日に、
パジャマの着替えとタオルを1週間分(つまりシャワー2回分)
まとめて持って行ってましたが、結局それは要らなかったです。
余計な荷物を増やすことになりました(^^;

おかんが1階に下りてきたと同時に、
  (ちゃんとシルバーカーを押して、自分で歩いてました)
ホームからお迎えの人が来たので、
おかんはそのままホームの車に乗ってしまい、
話をする間もほとんどなかったです;;;
でも、私のことは覚えてくれてました。

私もホームの車に乗って、一緒にホームまで
付いて行ってあげたいところですが、
私はその車には乗れません。
保険のことがあるので。(事故があったときとか)

ホームの人に、面会のことを聞いたら、
もちろんホームの中には入れないし、
面会も、以前は入り口で少し距離を開けて会えましたが、
今は、食堂の窓越しでしか会えないそうです。
声聞こえるかしらん?
携帯で話せばいいか。。。

こういった施設や病院で、面会制限がある今、
認知症の人が家族に会えないことで、
困ったことになってると、記事がありました。
わかるわ~



昨日は、おかんが、自立型老人ホームから、介護付き老人ホームに
引っ越しの日。

朝から天気が良くて、なによりどした。

運悪く、昨日は、エレベーターの点検日で
10時から11時までエレベーターが運転停止。
数日前に、ホームの月間予定表を何気に見て気づいたので
セーフでした。

10時までに短時間で引っ越しを終わらせるため、
当日までの準備が大変どした。

当日は、運び出すだけにしておこうと、
あちこち掃除しておきました。
特に、洗濯機の下!
10年分の汚れが溜ってるに違いありまへん。
前もって、洗濯機をどけて、下を掃除しておきました。

不用品回収業者の人は、9時過ぎに来てくれはりましたが、
それまでに、だんなと二人で
不用品を全部外に運び出しておきました。
回収業者の人は、エアコンと、天井の照明を外し、
外に出してある荷物をトラックに積み込むだけだったので
半時間ほどで終わりました。
軽トラよりちょっと大きめのトラックかと思ったら、
2トントラック!
荷物全部積み込んでも、スカスカ。

  回収業者の兄ちゃんに、「この時期、忙しいでしょう?」
  って聞いたら、「コロナの影響で、そうでもない」と。
  そうなんやぁ~、だから2トントラック、遊ばせておくの
  もったいないから、来てくれたわけね。

その後すぐ引っ越し荷物を運び出し、
10時に軽トラの便利屋さんに来てもらい、荷物を積み込みました。
その間に、スマホのアプリでタクシーを呼び、
タクシーを待っている間に荷物積み込み完了!
タクシーが来たらすぐ3人で乗って、ホームの人々に見送られて出発!

だんなは途中、家の近くで降りて、家に持って帰る荷物を
持って帰りました。

で、私はおかんと二人で新しいホームへ。
ホームに着いたら、おかんは食堂へ。
私は、そこの施設長さんに手伝ってもらって、
荷物をおかんの部屋まで運びました。
あと、私一人で、小物類を並べたり、服をロッカーに片づけたり。

そのあと、施設長さんと打ち合わせ。

それが終わったので、おかんを部屋に連れて行こうと、
食堂に探しに行ったら、ちょうど昼食が始まる時間で、
食堂にはおかんと同じような白髪のおばあさんたちがいっぱい!
ウォーリーを探せ状態どした。
  このホームの入居者の平均年齢は89歳。
  おかんも89歳。どんぴしゃ(笑)
見つからないので、スタッフの人にきいたら、
トイレに行ったと。

トイレの方に行ったら、中からスタッフの人の声が・・・
「〇〇さん(←おかんの名前)、はい、右向いて下さい・・・」
と、おかんのトイレを手伝ってくれてるようでした。
初めてのトイレは、高齢者には難しいやろなぁ・・・
ボタンの位置とか違うし。

こんなに至れり尽くせりでしてくれはるんや、
と、ちょっと安心しました。

おかんが昼食を食べ終わるのを待って、
部屋に連れて行き、どこに何を置いたか伝えました。
(といってもすぐ忘れるけど・・・)
おかんが何より気にしたのは、
「誰か呼ぶボタンはどこや?」
つまり、ナースコールのこと。
「むやみやたらに押したらあかんで」と注意しておきました。
前のホームでは、押すだけ押して、スタッフの人がきたら、
「押してない」と言うことが度々あったようです。
何か用事があって押すものの、
スタッフの人が来る頃には、押したことを忘れてしまうのでしょう。

家に帰ったのは、午後一時。

帰ったら、いつも通販で買っている化粧品会社から、
誕生日でもないのにお花が届いてました。↓

その通販のサイトに、誕生日を登録してなかったので、
適当に送ってきたようです。
(登録してたら誕生日に送ってくるらしい)

なんか、ええタイミングやなぁ~と思いました。
引越し完了を祝ってくれているようでした。

今日も午前中にまた おかんのところに行ってきましたが、
入院の初日の夜にあったような せん妄 はなかったようです。
それどころか、まわりの人たちとすっかり打ち解けて、
楽しくやってるということなので、安心しました。

WHAT'S NEW?