FC2ブログ

Photo Gallery

 

先月の伊豆旅行で泊まった宿で出た伊勢えびを描きました。

美味そうに描けたかしらん?

 

伊勢えびって見た目は豪華ですが、
実際食べるところはちょっとしかないのよね~
もっと大きいエビならともかく、そんなに大きくなかったし。
(安かったので、文句言うたらあきまへんが・・・)

ところで、新しく買ったiPadは、
画面をふたつ出せることがわかりました。↓
つまり、写真を見ながら、絵を描けます。

まず、PCで写真を見ながら 全体をざっくり下描きして、
細部については、このようにタブレットに2画面出して、
写真を拡大したりしながら描いてます。

***********************************

ブログで書きましたが、
その後電話でおかんとしゃべったとき、
「なんで塩を薬とまちがったんかなぁ~」
と言うと、
塩だとわかって飲んでた ことがわかりました!

なんじゃそりゃ~???

でも、あのとき、私が「これって、塩やん!」と言っても、
「うん、塩やで」とは言わず、
まるで塩だとは知らずに飲んでいたみたいな顔をして、
「え? ちょっと頭がおかしくなったかな?」
と言ったのです。

何故そんなことを言ったのか、推測すると、
私が驚いて「これって、塩やん!」と大きな声で言ったので、
怒られているような気がして、
とっさにボケたフリをしたのではないかと・・・

おかんが言うには、塩が口内炎に効くと、
何かに書いてあったらしいです。
でも、それって、多分 「口内炎に塗る」というのを
飲むのだと勘違いしたのだと思います。

そもそも、塩分控えめにするように医者にも言われているのに、
塩を飲むやつがいるかぁ~???

そんな話をしても、
塩分取りすぎが体に悪いとか、
塩なんて飲むもんじゃないとかいったことが
あまりピンときてないようです。

「塩飲むのやめたし、足首のむくみも治るで」と言っても、
「そやろか?」「塩ってそんなにあかんのか?」
と言ってるくらいですから。

これはもう、認知症以前の問題です。
   喜ぶべきか、悲しむべきか・・・(-_-;)

昔から、食のことについては無頓着な人でした。
今から思うと、私が子供の頃、
あまり体が丈夫じゃなかったのはそのせいかと・・・

例えば、お菓子を食べたいだけ食べてても、
何も言われないのです。
子供だから、注意されなかったら食べたいだけ食べますよね。
そうすると、夕飯が食べられなくなり、偏食だとか言われてました。

  小学校低学年の頃、近所の友達と遊んでいたとき、その子が
  うちのおかんからチョコレートをもらっても、食べないというので
  なんで? と聞くと、「よそでおやつは食べたらあかんと言われている」と。
  子供心に、それはものすごいカルチャーショックでした。
  「おやつを食べたらあかんという親がいるんや~」と、
  びっくりしたことを覚えています。

自営業で、おかんは忙しかったので、店屋物の食事も多かったです。

そんなこんなで、栄養のバランスが悪かったんでしょうね。
貧血、骨折、便秘、胃もたれなど、よく病気をしてました。
そういえば、よく脚がだるいと言っていたのを思い出しました。
あれは何の栄養不足だったのかしらん?

そんな環境で、よくぞここまで育ったと思います。
それより、おかん本人が、そんな人なのにあんなに長生きできるとわ~
元々、丈夫にできているのだと思います。
風邪で寝込んだりしてるのは、見たことないです。


Tag:デジタル絵画 伊勢エビ 塩を飲む ボケたフリ

WHAT'S NEW?