FC2ブログ

Photo Gallery

今日は、琵琶湖疏水クルージングに行ってきました!

大津から蹴上まで、55分間のクルージングです。

↓前を歩くのはガイドさん。その奥の方に船があります。
 

このクルージング、船は小さく(12人乗り)、2隻しかないので、
特に桜や紅葉の季節には、予約をとるのは超困難と聞いていました。

↓この船です。
 

何故、そんな予約困難なのに、乗れたか!?

先週の金曜日、大津の三井寺に花見に行きました。
 (他のことで忙しかったので(←これはそのうちわかります)、
   三井寺についてはブログ書いていませんが・・・)
その帰り、この疏水のそばを歩いて、船があるのを見つけ、
乗りたいな~、でも無理やろな~ と思いつつ、
その日の夜に、来年の桜の時期に乗れるよう予約しとこか・・・
いつから予約可能やろか?・・・と、ホームページを見たら、
なななんと! 4月9日の朝一番の便(9時出発)が
7席も空いているではありませんか!!!
   後で聞いたら、団体さんの予約が
   キャンセルになったらしいです。

値段は、8,000円! 高っ!
通常の時期だと4,000円。
桜の時期なので倍なのですな。
でも、何もない時に乗ってもなぁ・・・
しかも、こんなチャンス、滅多にないこと。
そして、天気予報を見たら、9日は晴れ!

ってことで、即予約しました。

いやぁ~、やっぱり桜の時期で良かったです。
満開だし、晴れてたし、最高でした。

 
↑先週の金曜日、この写真の右上の方から、船を眺めてたんです。
 まさかその4日後にその船に乗るとは思いもせずに・・・。

↓出発です。 席は、予約順ということで、決まっていました。
 

トンネルが3つあり、特に最初のトンネルが2.4Kmと、
長かったですが、ガイドさんがずっとしゃべりっぱなしで、
しかも、面白く、わかりやすく、楽しかったです。

疏水の歴史は、明治時代の話で、
明治維新から明治時代について、
ちょっとだけわかってきた今の私にとっては、
興味深いものがありました。

 

疏水の横に遊歩道があり、散歩している人や、
写真を撮っている人が、手を振ってくれるのです。
ガイドさんが、「天皇陛下の気持ちがわかるでしょ?」って。(笑)

↓地元の人が植えた菜の花。
 

この辺り(山科あたり)の疏水沿いの道は、歩いたことがありません。
また、数年後、桜か紅葉の季節に歩いてみたいです。

↓蹴上に到着。
 

でも、このまま、真っ直ぐ帰るわけにはいきません。
全然歩いてへんし~。しかもまだ10時。

↓インクライン を通り、
 
ここは、高低差が激しいので、この台車に船を乗せて運んだそうです。

 
↑線路だけ残っているインクライン。観光客で一杯でした。


↓南禅寺を横切り、
 

↓哲学の道を通り、
 

↓さらに、観光客が来ない疏水べりを歩きました~。
 
↑ねこさん発見! 
多分、飼い猫。じっとして逃げない。
背中なでなでしました。

最後に北白川のドンクでランチして帰りました。

↓だんなは、パスタランチ(パスタがまだ来ない)
↑私はピザトースト

どちらも、パンが食べ放題。さすがドンク。

まるで、旅行に行った気分の一日・・・いや半日でした。

Tag:琵琶湖疏水クルージング 桜満開 インクライン 南禅寺 哲学の道 ドンクでランチ

WHAT'S NEW?