FC2ブログ

Photo Gallery

以前から、嵯峨野トロッコ列車保津川下りの船には
乗ってみたいなぁ~と思っていましたが、
近いのでいつでも行けると思っているうちに月日が過ぎ、
そうこうする内に、インバウンドとやらで外国人観光客が増え、
いつもいっぱいで乗れなくなってしまい、あきらめていましたが、
コロナの今ならチャンス! と思い、ついに一昨日の月曜日に乗ってきました。

トロッコ列車の方は、2日前に二条駅で切符を買っておきました。
当日でも買えたと思いますが、どうせなら、良い席を取りたかったので・・・
ネットでも予約できますが、ネットだと席は指定できません。

JR嵯峨野まで行くと、トロッコ列車の駅はすぐそばです。

保津川下りの乗船券は、その駅で買いました。
船乗り場でも買えますが、早めに買っておかないと乗れないかも・・・? 
平日なので、そんなことはないと思いますが、
早いもん勝ちのようなので、念のため。
ちなみに、保津川下りの船は10人以上じゃないと予約できません。

すでに、列車は駅にありました。9時2分発です。

窓のない車両が一両だけあります。リッチ車両といいます↓ 一番人気。

この車両だけお客さんが乗ってました。半分くらい。

↓他の窓のある車両はガラガラです。


もちろん、窓なしのリッチ車両を予約しました。
ネットで事前に調べたら、偶数番号のAとD席が景色が良くみえる
ということだったので、6番のAとD席を予約しました。
進行方向右側の窓側席です。

走り出すと、最初は左側に川が見えますが、
そのうち川は右側になり、右側に川が見える割合の方が多いです。

でも、窓のある他の車両がガラガラなので、
そっちに移動してもよいということでした。


↑保津峡駅では、たぬきがお出迎え。

↓保津峡下りの船も見えました。これからこれに乗りに行くのだぁ~~~


↓25分程でトロッコ亀岡駅に到着。

外に出ると、船乗り場までのバスが待ってます。

バスで10分少々で、船乗り場に到着。
船は10時発。少し時間があるので、お土産売り場をウロウロ。
お土産買いました。あとで見せます。

↓船に乗り込みます。席は決まっていません。

グループの人数や、年齢を考慮して、船頭さんが振り分けはります。

私たちは、一番後ろの席でした。
小さい子供たちは前の方に座ってました。

席には救命胴衣が置いてあるので、腰に巻きました。

↓出発です。


船頭さんは、3人乗ってます。
前に二人と後ろに一人。

前の一人は櫂を漕ぎ、もうひとりは竿で岩を押して
船の方向を変えてます。

後ろの一人は、何にもしてないように見えます。

前の船頭さんが言います。
「後ろにいるおっちゃん、さぼってるように見えるけど、
ちがうねんで~。舵とってるんやで~」

そして、その役割はずっと決まっているのかと思ってたら、
途中で2回、その役割を交代しはりました。
なので、全員ひととおりできないとあかんのです。
櫂を漕ぐのが一番しんどそうです。
若い人はいいけど、60代くらいの人もいました。
大変やなぁ・・・

流れが急なところでは、水しぶきがかかるので、
↓こうやってビニールシートで防ぎます。


↓正面に見える山の木が倒れているのは、2年前の台風のせいです。


川には色んな岩があり、何かの形にみえる岩もたくさんありました。
「これは〇〇岩です」と説明してくれはって、
そのときは、あ、ほんとだ! とその岩に見えるので、
思わず写真を撮るのですが、あとで写真を見ても、
何に見えたかわからなく;;;;

↓これだけは、覚えています。何に見えるでしょう?

スヌーピーです。右を向いています。わかるかな?

ラフティングをしている人々もいました↓

船頭さんが、
「はい、営業スマイルお願いします。
この船沈んだら、あの人らに助けてもらわなあかんしな」
・・・って。(笑)

こういう感じで、川の説明以外にも、ジョークや駄洒落などで
乗客を楽しませてくれました。



川が90度くらい曲がっているところがあり、船頭さん、
「ここ、深いし水が緑になってるやろ?
 ここをグリーンと曲がるんや」

この駄洒落、気に入りました(*^-^*)

↓サギがいました。 特に珍しくないけど・・・


他に、カモや亀もいて、必死で写真を撮ってたら、船頭さんが、
「都会の人には珍しいのやろなぁ・・・」
とつぶやかはったので、
「いえ、京都なんですけど・・・」と
心の中でつぶやきました。

↓一本だけ木が飛び出ています。恐竜にみえる木です。




1時間半ほどで、嵐山に近いところまでやってきました。
そこで、販売船(と呼んではったと思う)が近づいてきました。


飲み物や食べ物を売ってはります。

この船とロープでつないで、しばらく並走します。
みたらし団子を買って食べました。

↓屋形船で楽しむ観光客


↓向こうの方に渡月橋が見えてきたら、到着地点です。


11時40分頃到着しました。

お疲れ様~

楽しい時間が過ごせました。

川の水量によって、かかる時間が変わるそうです。
だいたい1時間半から2時間。

これで4,100円/人。
乗るまでは、ちょっと高いなと思ってましたが、
これだけの時間楽しませてもらうのだから、
これくらいの値打ちはあるな~と思いました。

この後、船は3隻づつトラックに乗せて
スタート地点まで運びます。
昔々(トラックなどなかった時代?)は、
船を岸からロープで引っ張りながら運んだそうです。
めちゃ大変!!!
元々は、観光用ではなく、木材などを亀岡から運ぶための船だった
ということです。


写真だけではわからない船のスピード感など
わかるように、YouTubeに動画を上げましたので
見てみてください。






自分のお土産に買ったガーゼタオル↓


↓だんなが買った保津峡の日本酒。

折り紙は、船乗り場の受付に「ご自由にお取りください」
と置いてありましたので、もらってきました。
包装紙で細かく折ってあります。






WHAT'S NEW?