FC2ブログ

Photo Gallery

1月に鳥羽に旅行してから、約9か月ぶりの旅行です。

・・・といっても、しばらく旅行に行ってない人は
私だけでなく、日本中・・・いや世界中に山ほどいてはります。

そんな中、何に気を付ければコロナに感染しないのか、
だんだんわかってきたような気がしてきたので、
思い切って行くことにしました。
9/14(月)~15(火)のド平日に行きました。

今回も、天気予報を確認して、宿も電車も直前に予約しました。
なので、予報どおり、天気はバッチリ。

通常、京都から高野山に行く場合、
大阪を経由して行きますが、
そうすると、ちょうど通勤時間に大阪の地下鉄に
乗らなければならないので、それを避けるため、
奈良経由で行きました。

↓京都駅から近鉄特急に乗ります~

↓ガラガラ~


橿原神宮前で乗り換えて、吉野口まで特急です。

吉野口でJRのローカル線に乗り換えます↓


特急券は全部ネットで予約し、乗車券も全部ICOCAが使えました。
交通費は現金は全く使っていません。
便利な世の中になりました。

吉野口から橋本まで。
そこから南海電鉄の特急にまた乗り換え↓


↓この電車もガラガラ~


橋本から極楽橋まで行ったら、
そこからケーブルに乗り換え↓


ケーブルに乗ったら、5分で高野山駅に到着↓

ここからまたバスに乗って、15分ほどで宿の近くに着きます。

全部で6回乗り換えました。

9月18日から京都から高野山まで行く直行高速バスが運行されるので、
それで行こうかなとも思ったのですが、
それまで待ってられなかったのと、
2時間半もずっとバスに乗ってるのがしんどいかな と思ったので、
電車にしました。
電車だと、京都駅から3時間ですが、乗り換えるので
気が紛れます。

さて、お宿は、やはり高野山なので、
お寺に泊まってみたいですよね~

↓一乗院というお寺にしました。


8月にネットで宿をチェックしていたときは、
高野山の宿坊はGo To トラベルキャンペーンのことは
何も書いてなかったのですが、
いつのまにか、キャンペーンが利用できるようになっていたので、
ちょっと奮発して、よいお部屋にしました。

まず、お宿には荷物だけ置きに行き、
あちこち観光です。

その前に腹ごしらえ。

旅行に行ったときの昼食はいつも悩みます。
夕飯に御馳走が出るので、
あまりおなか一杯食べると夕飯が食べられないと困るし、
夕飯とかぶるようなものも食べたくないし・・・

事前に調べて、お肉屋さんだけど
おいしいカレーパンも売ってる店を見つけたので、
そこでカレーパンを買おう! と思って、行ってみたら 休み(^^;)

カレーパンは、カレーライスに化けました↓

昔ながらの喫茶店のカレーです。

食事を終えたら、まずは高野山のシンボルの金剛峯寺へ。

高野山といえば、金剛峯寺、壇上伽藍、奥の院はマストです。

ところで、元々、金剛峯寺という名称は、
高野山全体の総称として、空海が名付けたということです。

現在 金剛峯寺と呼ばれている↓この建物は、

豊臣秀吉が、亡くなったお母さんのために1593年に建てたもので、
1863年に建て直され、今に至っています。
中に入ったら、めちゃくちゃ広いです。

屋根の上に火消し用の桶が2つあります。
こんなもんで火は消えないだろうと思いますが、
当時は、無いよりマシだったのでしょうね~
もちろん今はちゃんと消火栓があると思います。

金剛峯寺の中にあった、
↓蟠龍庭(ばんりゅうてい)という石庭です。

日本で最大の石庭です。
(石庭って日本にしかないだろうから、ということは世界一?)
確かに、だだっ広かった。




石は、2頭の龍を表してるということですが、
龍に見えなくもないけど、よくわかりませんでした。

何より良かったのは、ほとんど人がいないので、
ゆっくりじっくり見学できたこと。

次は、金剛峯寺のすぐ近くにある壇上伽藍(だんじょうがらん)へ。

壇上伽藍って何? と思ってましたが、
僧侶たちが修行をする場所です。
色んなお堂や塔が建ってます。

↓これは根本大塔。この伽藍の中心の塔です。

万博での太陽の塔みたいなもんです。 ちがうかぁ・・・(^^;)

↓これは 近藤ぉ~です!(近藤正臣風)

・・・じゃなくて、金堂です。

↓御影堂(みえいどう)

これはギャグなし(^^;)

↓右手前の建物はトイレです。
fc2blog_20200916155609b6c.jpg
ではなくて、TOTO です。
いや、東塔(とうとう)です。

罰当たりな駄洒落で失礼(^Θ^;)A。

西塔もありました。

他にもいっぱいありましたが、省略。


壇上伽藍の次は、霊宝館へ。
仏像の博物館みたいなものです。

↑霊宝館の入口。

当然ですが、中は写真が撮れません。

ここも人が少なくて、ゆっくりじっくり見学できました。

それから、一般的な博物館と違うなと思ったのは、
仏像が博物館にあると、それは芸術品であって、
拝む対象ではないけれど、(魂が抜いてあるらしいです)
ここでは、各々の仏像の前にお賽銭箱があったので、
仏さんのままなのだなぁ・・・と思いました。

その後、少し歩いて、高野山の西の端にある大門(だいもん)へ。

ここが本来の高野山の入口です。
路線バスで来ると、別のところから高野山に入ることになります。

ところで、
「大門」 ときいて、
「ドクターX」を思い出しますか?
それとも「西部警察」? (笑)

つまらんことばかり書いていますが、
ここでちょっと真面目に。。。
高野山は、1200年前に空海が開いたもので、
世界遺産になっています。
京都もお寺は多いですが、それ以上にお寺だらけで、
独特の雰囲気があります。
山の上(標高900m)の盆地にあり、
中心辺りにいると気になりませんが、
この大門まで来ると、ここは山の上なんだなぁ~と実感できます。
何より涼しいです。(冬は寒いでしょうが)

↓大門からの眺め
fc2blog_20200916162954c87.jpg
夕日がきれいだそうです。
3時頃だったので、まだちょっと早かった。


このあとお宿にチェックインしましたが、
長くなるので、今日はここらで・・・

WHAT'S NEW?