FC2ブログ

Photo Gallery

先週、高野山に行ったばかりなのに、
次は比叡山に行ってきました。連休4日目の昨日。
・・・といっても、延暦寺が目的ではなく、山登りが目的です。

比叡山は京都側からと、滋賀県側からケーブルカーで登れます。
両方とも乗ったことあります。
なので、延暦寺は2回行ったことがあります。かなり昔。

でも、歩いて登ったことはありません。

調べると、比叡山は848m。
愛宕山(てっぺんまで登れなかった)は924mなので、
愛宕山より低いではありませんか~
  比叡山の方が高いと思ってました。
しかも、延暦寺のある辺りは、700mくらい。
そして、スタート地点のJR比叡山坂本駅は、標高約100m。
つまり、延暦寺までなら、600mを登ったらいいということなので、
先日登った音羽山よりちょっと高いだけ。
これなら、登れそうです。

・・・てことで、JR比叡山坂本駅からスタート。

↓この登山口までは、普通の道を歩いて30分ほど。
fc2blog_202009231055209bf.jpg
これは、無動寺坂コースです。
もうひとつメジャーなコースもありますが、
そちらは降りるときに通るつもりです。

連休4日目でしたが、こういうところは、全然混んでいません。

お天気もいいし、暑さも和らいできたので、
気持ちの良いハイキングができました。
ハァハァ言いながら登ってましたが・・・(^Θ^;)A

↓かなり登ったところに、少しだけ琵琶湖が見えるところがありました。


途中に、無動寺というお寺があり、
↓これはその明王堂までの階段。

登っているのは、だんなです。
先日モンベルで買った登山用のパンツをはいています。
汗をかいてもすぐ蒸発するので、サラッとして気持ちいいらしい。
私も買おうかなぁ・・・

駅から2時間半ほどで、ケーブルの山頂駅に到着!↓

見晴らしのよいところです。人は少なめ。
駅の前にベンチがいくつかあったので、ここでおにぎり食べました。

↓こんな景色です。

食べ終わったころに、ケーブルカーが到着したようで、
駅からぞろぞろと行楽客が降りてきました。
やっぱり、休みの日なので、少しは賑わっていました。

↓そこから少し歩いて、延暦寺の入口まで↓


山を下りる道は、ここを通らないと行けません。
が、拝観料が要ります。一人1000円! 高っ!
今年の3月に値上がりしたようです。以前は700円。

延暦寺は、東塔エリア、西塔エリア、横川エリアと3つあって、
それぞれ、離れているので、バスで行かないと行けませんが、
1000円の拝観料で、その3つ全部回れるのです。
なので、それほど高いわけでもないのでしょうが・・・。
この日は登ってきて疲れているし、
全部を見て回る気力も体力もなく、東塔エリアだけでよいのですが、
それでも1000円要ります。

仕方なく、払って入りました。
せっかくなので、ちょっと見て回りました。

↓大講堂。

先週、高野山に行ったばかりなので、
記憶が混ざってしまいそうです(^^ゞ

延暦寺のメインの建物、根本中堂は、修理中でした↓

これもせっかくなので、入ってみました。

↓2016年から10年かけて修理してはるようです。


↓この足場を組むだけでも、大変でしょうな~


お寺なので、撮影禁止かと思ったら、この足場のとこだけはOKでした。

↓修理中の屋根が見えます。

祝日なので、修理する人を見ることはできませんでした。
平日なら、見られると思います。見たかった・・・

しかし、このような修理中のお寺を上から見られるのは今だけです。
珍しいもん見せてもらいました。

6年後、出来上がったら、また来ようかしらん。

このあと、根本中堂の中に入ったら、たまたま、ちょうど午後1時で、
お坊さんがお話をしてくれる時間でした。
20分ほど有難いお話を聞きました。
内容は、ほとんど覚えてないよう~ヾ(-_-;)

2つだけ覚えているのは、この根本中堂の中で、
「不滅の法灯」という、最澄が延暦寺を開いたときに灯した火を
絶やすことなく灯しているそうですが、
織田信長の焼き討ちにあって、全焼したときには消えたそうです。
でもそのときは、山形にある立石寺(通称 山寺 
昨年の5月に行った山の上にあるお寺です)に、分灯があって、
それをもらってきて、また灯し続けているそうです。

「ほんまかいな」と思いました。ヾ(-_-;)

もうひとつは、お堂の扉の鍵の部分に、昆虫がついているので、
何の虫かは、自分で見てください・・・ということだったので、
見に行ったら、確かにいました。
ちょっと薄暗くてよく見えないので、妙にリアルに見えました。
何の虫かは、ここで言ってしまうと面白くないので、
延暦寺に行ったときに見てみておくれやすぅ~~~

延暦寺会館の喫茶室でいっぷく↓ 


↓延暦寺会館のすぐ横に、帰り道の入口がありました。


この道をしばらく歩いて、ふと気づいたのですが、
こちらから上がってきたら、拝観料を払うところはありません。
おかしいやん。
山を下りながら、だんなとその話ばかりしながら歩いてました。
「次来るときは、絶対こっちから登ろうな」とか
「下まで降りたところに受付があるんちゃうか?」とか・・・
せこい夫婦です(笑)

納得がいかなかったので、ネットで調べてみたら、
登山客は、受付のところで、登山だと言えば、
拝観料なしで通り抜けできるようです。
そんなことは、受付のどこにも書いてなかったし、
延暦寺のホームページにも書いていませんでした。
登山客だけの間の、知る人ぞ知る情報のようです。

↓降りてきたところの登山口です。日吉大社のすぐそば。

帰りは1時間でここまで降りて来られました。

駅までの帰り道、彼岸花が咲いていました。
この花、きっちりお彼岸に咲きますね~




これからしばらく気候もいいし、
またどこか、山登りに行きたいと思います。
登れなかった愛宕山にも再度挑戦してみようかなぁ・・・

WHAT'S NEW?